トラックの買取を考える

パネルトラックの特徴について

パネルトラックの特徴について

パネルトラックとはボディがパネルで出来ていて箱型の荷室を持っているトラックのことです。
パネルを展開した姿が鳥の翼のように見えるのでウイング車と呼ばれます。
メリットとしては、箱になっているためロープなどで固定する必要がいりませんし、盗難や走行中の荷物の落下もありません。
雨や埃・直射日光から荷物を守ることもできます。
開閉操作ボタンを使って両側のルーフパネルが上下に開閉します。
そのため側面からの積み下ろし作業もフォークリフトを使えば簡単に大量に行うことができ、作業効率がよくなっています。
開いたウイングが屋根代わりになるので雨の日の荷物の積み下ろしも濡れることなくできるのです。
アルミやベニヤ合板などで補強したアルミが素材のものも多いです。
アルミ自体は軽い素材のため車体も軽量化されており他の仕様に比べて多くの荷物を積むことができます。
そのため運搬車や宅配車・引越用の車など町で見かけることの多いトラックなのです。

トラックの荷台について

トラックの荷台には、低床と高床があります。
トラックの低床の荷台ですと、重心が下がって安定することで荷物をのせやすい利点があります。
車高が低いところには入れない所がありますので注意が必要です。
トラックへの荷物の上げ下ろしが楽になりますので、ドライバーに優しいです。
高床は地上から荷台までの距離が高い、つまりアオリを切ったときに地面まで距離がありますので高いアオリが付けられます。
アオリが高いと荷崩れの心配がなく、小さいシートで代用出来ますので、シートを楽にかけることができます。
高床はバネが上下する長さが長く、タイヤも厚いので伝わる振動が小さいので安全に荷物を運ぶことができます。
荷台から横がはみ出したものを使う時に、人や車に当たりにくいという利点があります。
積荷やドライバーの腰に優しく、回転回数が低いことからタイヤのランニングコストの低減に繋がります。
通常のトラックと高さが違いますので、手積みの場合は作業が大変になる場合があります。

check

オンライン英会話を楽しむ

2018/7/27 更新

『トラック パネル』 最新ツイート